ナチュラルドッグフードの安全性は?そんな口コミを視察団が調査

ナチュラルドッグフードは動物愛護先進国である英国の厳しい審査基準「欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)」をクリアした安全性の高い商品です。

しかし日本では、まだまだ食べるものは「日本国内品が一番」と思っている人が多い割合で存在します。

確かに人間の食べるものであれば、その考えは正しいかもしれません。

しかし、ドッグフードに関しては、日本は世界から遅れをとっていると言って間違いないのです。

ここを勘違いしてしまっているため悪評が出回っている現状を確認してみましょう。

ナチュラルドッグフードの安全性に関する悪評の口コミ


ナチュラルドッグフードは国産では無いので不安です。やっぱり日本のフードで無いと賞味期限も短いし、安心できません。


やっぱり無添加のフードは国産で無いと心配です。なにより産地が分からないフードなんて心配で愛犬に与えられません。


代表的な安全に関する悪評の口コミはこんな感じでした。
しかし、これら発現をしているユーザーは良く調べていないだけと、誤った与え方をしてしまっているだけでは無いかと思います。

ナチュラルドッグフードは世界的に見ても安全性の高いフード

ナチュラルドッグフードは冒頭でも触れた「動物愛護の先進国イギリス」で作らています。

ここが全く日本人の先入観から考え方を変えなくてはなりません。

不安の残る中国製や東南アジアなどの製造とことなり、ナチュラルドッグフードは日本より遥か以前からペットを家族の一員として生活する歴史ある国「イギリス」のフードです。

そのためイギリスなどペット愛護の先進国は、食に関する安全基準もほぼ人間並みに厳しくなっています。

カナガンまた、ナチュラルドッグフードの工場は製造過程を常にモニターして厳格な管理を行っているのです。

そのくらい品質には最新の注意を払って作られているため、規模しい基準もクリアーしているのです。

対して日本のペットフードに関する基準は特に設けられておらず、安全性は家畜の餌レベルで、死んだ家畜など到底人間の食べ物として認められない原材料を使う事も法律で禁止されていないのです。

Dead:死んだ動物の肉
DISEASED:病気だった動物の肉
DYING:死にかけだった動物の肉
DISABLED:障害の合った動物の肉

こんなとても食べられないものを使っていたりします。

この話を聞くと慌ててナチュラルドッグフードへ切り替える飼い主さんもいるとか。

つまりドッグフードに関して、動物愛護の先進国「イギリス」のドッグフードは日本の緩い規制の中で作られているフードより明らかに安心してご使用いただけると思って、間違いなさそうです。

ナチュラルドッグフードの品質について

ナチュラルドッグフードの製造工場は、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした安全性の高い施設です。

パッケージまで完了したドッグフードの袋には1つ1つに製造番号が付与されて、生産日や原材料のロットまで追えるが可能となっています。

ナチュラルドッグフードの食いつきに関する口コミはこちら