ナチュラルドッグフードの悪評の口コミは本当か?真相を調査

動物愛護先進国「イギリス」で生産されているナチュラルドッグフード。

そのフードの原材料は主に人間も食べられる「ヒューマングレード」の生ラム肉55%を使用しています。

そんなヒューマングレードの生ラム肉であるにも関わらず、ナチュラルドッグフード悪評口コミにあるとの情報があり、視察団が調査に乗り出します。

高品質で非常に高い人気を誇るナチュラルドッグフードに対して、悪評が存在するなんて信じられないことです。

さあ、これから視察団が詳細を調査開始します。

下痢

ナチュラルドッグフードの口コミ

調査の結果結果、ナチュラルドッグフードの悪評が僅かながら存在することが判明しました。

しかし販売数も多いドッグフードのため、誤った解釈や使い方で勘違いの投稿があってもおかしくないのは事実です。

その中でもあらためて取り上げるべき案件を選出してみました。

まずは口コミサイトの悪評の1つ目のパターンから確認しましょう。
トイプードル ナチュラルドッグフード


4歳のトイプードルを飼っています。

最初の食いつきは良好でしたが、下痢になってしまいました。

これ以上の悪化は避けたいので前のフードに戻しました。


10歳のチワワ用に購入しました。

与えて暫くしたら毛ツヤが良くなったのですが、下痢が続きました。

これ以上続くようならご飯の切り替えも考えています。


悪評はこのような口コミでした。

さらに詳しく知りたい方はこちら
ナチュラルドッグフードの口コミについて詳しいサイト

この悪評では双方とも「下痢」が原因で悪評になったようです。

たぶん下痢の原因は「早食い」になるかと推測されます。

ドッグフード食べる

以前のフードより臭いや味が抜群に良くなったため、ガッツいて食べてしまうのではないかと思われます。

この、急いで食べると消化不良に繋がる可能性があるのです。

消化不良になると下痢、軟便になってしまう症状がでることがあります。

そのため、下痢の原因は「早食い」ではないでしょうか。

犬はもともと早食いなので、早食いを止めさせるのは難しいです。

そこで、登場するのが「早食い防止皿」です。

ショッピングサイトで「早食い防止皿」で検索すると直ぐにヒットします。

 

 

ナチュラルドッグフードその他悪評について

柴犬


3歳の柴犬のため、健康的なナチュラルドッグフードを注文しました。
ですが当初に1口2口を口にしただけで食べなくなりました。
好みに合わないのでしょうか。


愛犬がゴハンを食べないと、ホントに心配になりますよね。

しかし、理由は簡単です。

以前与えていたフードからナチュラルドッグフードに一気に変えてしまったことによると思います。

犬は食べものに対して変化に敏感な生き物なのです。そのため、急にご飯が変わってしまうと食べなくなる場合があります。

また、食べていたものが急に変わると身体が拒絶して、食欲がなくなってしまう事もあります。

そこで、徐々に慣らすように切り替えることが必要です。

ナチュラルドッグフードのパッケージに記載の通り、初日に20%から徐々に割合を増やしてゆき、5日目に100%ナチュラルドッグフードになるように段階を踏みます。

パッケージに記載された期間は5日間となっていますが、警戒心の強いワンちゃんの場合は、ゆっくり慣らすように10日掛けても構いません。

多少手間が掛りますが、焦らずじっくり取り組めは必ず愛犬が慣れてくれることでしょう。

ナチュラルドッグフード給与量

ナチュラルドッグフードの悪評の調査まとめ

犬は飼い主に言葉で訴えることができません。

なので、もし普段と違う態度があったら、良く観察して飼い主が察してあげる必要があります。

愛犬とより良い深い関係を保ってゆくためにも「愛犬の気持ちを把握できる飼い主になってゆくことが必要です。
共に頑張りましょう。

ナチュラルドッグフードの無添加の表記は本当?疑う口コミもあり!

ナチュラルドッグフードは世界的に販売されている動物愛護先進国「イギリス」のプレミアムドッグフードです。

そのナチュラルドッグフード対して「無添加は嘘じゃないか!」という口コミが若干発見されました。

アランズナチュラルドッグフードには害そこで口コミ視察団が噂の審議を確かめるため、調査に乗り出しました。

ナチュラルドッグフードの無添加表記は本物なのか?

ナチュラルドッグフードが無添加じゃない嘘の原因とは

ナチュラルドッグフードの口コミサイトにある「無添加じゃない!」といった悪評が時々あります。
その原因はいったい何なのでしょうか?

詳しく調べたら原因がはっきりしました。

  • 臭いにおいがする。
  • 買う度に匂いが異なる。

といった臭いが今までのドッグフードと違う!なので「無添加じゃない!」ということが原因だったようです。

実は本当の無添加こその理由

視察団が詳しく調べたところによると、

  • 匂いが臭く感じる。
  • 購入する度に臭いが違う。

このことこそ、無添加の理由なのです。

ナチュラルドッグフードは一般の市販フードと異なり、香料を一切使用せず素材そのものの自然な匂いなのです。

一般の市販フードで低品質な物は、ほとんどが粗悪な肉類を使用しています。

そのため、犬は警戒してその肉は食べません。

そこで香料を使って匂いを強制的に付けて食べさせているのです。

恐ろしいですね・・・。

そのため、美味しそうな匂いのドッグフードは実は危険なんです。

ナチュラルドッグフードは香料を一切使用していません。
その理由から「臭い」(香料のいい匂いがしない)と感じてしまうのでしょう。

また、注文の度に匂いが違うのにも、ちゃんとした理由があるのです。

ナチュラルドッグフードは季節に合わせた厳選素材を使っています。
その理由から季節によって収穫された素材が違うので、完成したドッグフードの匂いが購入する度に違って感じられるのです。

さらにナチュラルドッグフードは着色料も保存料も一切使用していません。

保存料の代わりに自然のハーブを使う徹底ぶりなのです。

つまりナチュラルドッグフードは「完全な無添加ドッグフード」で間違ありません。

安心してご使用いただけるドッグフードなのです。

 

 

危険なドッグフードを使い続けると・・・

香料・添加剤・着色料を使用したドッグフードを与え続けたら、どうなってしまうのでしょうか。

確かに市販の安いドッグフードなら入手も容易だし、ナチュラルドッグフードは費用も掛かる。

なにそろ、そんな危ないドッグフードを現代の会社が販売している訳ないでしょう。大丈夫なんでしょう?って思いますよね。

そこで市販の低品質なドッグフードを愛犬に与え続けると、どのようになってしまうが、視察団が調査しました。

まず認識して欲しいことがあります。

市販の安いドッグフードには香料・添加物・着色料の他に、

  • 肉副産物
  • 4Dミート
  • 小麦・とうもろこし

という犬の身体に危険な原材料が使われている場合が非常に多いのです。

肉副産物

肉副産物とは人間用に加工された家畜の廃棄する部位のことです。

例えば鶏肉などは頭、羽、足、内臓、骨などの食べられない部位。

これらを細かく粉状にしたものを肉副産物(〇〇ミール)と呼んでいます。

これらの副産物は栄養も少なく、犬にとって害を及ぼす可能性が低くありません。

4Dミート

Dead:死んだ動物の肉
DISEASED:病気だった動物の肉
DYING:死にかけだった動物の肉
DISABLED:障害の合った動物の肉

これらの頭文字Dを取って呼ばれたもので、さらに粗悪なレベルの肉類です。

小麦・とうもろこし

犬も人間と同じで食物アレルギーになってしまう場合があります。

特に穀物の中で小麦ととうもろこしはアレルギー源になりやすい食材です。

しかしながら低質なドッグフードは、価格を安くするため、量の稼げる小麦ととうもろこしを使わざるを得ないのです。

アレルギー物質

つまり小麦やとうもろこしはドッグフードの量を増やすために栄養やアレルギーを無視した利用となっているのです。

これらの原材料が含まれる低質なドッグフードを与え続けると以下の影響を考えなければなりません。

  • 消化不良
  • 下痢
  • 便秘
  • 嘔吐
  • 肥満
  • アレルギー

まだまだそれ以上、深刻な大病に繋がる可能性も多くあります。

愛犬が病気になる前に、安心できるドッグフードにしてあげることが、愛犬とあなたの幸せにつながるはずです。

ドッグフードで若干の出費があっても、もし大きな病気が未然に防げたらそれは逆に安いのかもしれないですね。

ナチュラルドッグフードの賞味期限が短い?口コミを視察団が解説

ナチュラルドッグフードは、人口の保存料を使用していない完全無添加です。

そのため、

  • 賞味期限が極端に短く、利用できない。
  • 不便で購入できない。

という悪評口コミが少数見つかりました。

そんな賞味期限が短いドッグフードが販売されているのか?
大変気になるので、視察団が詳しく分析することにしました。

ナチュラルドッグフードの賞味期限が短い口コミは本当か?

調査すると、

ナチュラルドッグフードの賞味期限は

  • 未開封で18カ月
  • 開封で3か月

となっています。
実際には、購入して手元に届く際には約1年ほどの賞味期限を残した商品が届きます。

直ぐに使い始めたとしたら、全く問題ない賞味期限です。

また、開封した際でも、超小型犬でも約2か月ほどで内容量の2kgを使い切ってしまうので、こちらも問題ない範囲です。

そもそも、一般のドッグフードの賞味期限は約1年で、開封したら1か月で消費してもらうように記載があります。

つまりナチュラルドッグフードは一般のドッグフードと比べても全く賞味期限が短いということはありませんでした。

恐らく、ナチュラルドッグフードは、防腐剤や保存料を全く使わず、ハーブやビタミンEの配合で同様の働きを担っているため、かなり賞味期限が短いと勘違いしているのかと思います。

つまり安心してご利用が可能という事になります。

ナチュラルドッグフードの保存方法は?

ナチュラルドッグフードのメーカー指定保存方法は、

密閉して高温多湿を避けて常温保存

となっています。

そのため、高温になりにくい場所で、商品のビニールパッケージのジッパーをしっかり閉めて保管すれば問題ありません。

無理に他の器に移したり、冷蔵庫へ入れたりすることもありません。

一部の口コミで、保存料が無いので冷蔵庫に入れる必要があるという投稿がありましたが、実際は必要ないのです。

なぜ、冷蔵庫に入れると良くないかというと、温度差で結露が出来て、カビる原因になるためです。

もしかしたら、発売当初はパッケージにジッパーが付いてなかったので、別の器に移す利用者が多く、そのような誤った情報が流れたのかも知れませんね。

現在は丈夫なジッパーが付いたパッケージなので安心してご利用いただけます。

新旧のパッケージはこのように改良されています。
新パッケージは、犬の足跡の模様の密度が若干濃くなっています。

ナチュラルドッグフードの安全性は?そんな口コミを視察団が調査

ナチュラルドッグフードは動物愛護先進国である英国の厳しい審査基準「欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)」をクリアした安全性の高い商品です。

しかし日本では、まだまだ食べるものは「日本国内品が一番」と思っている人が多い割合で存在します。

確かに人間の食べるものであれば、その考えは正しいかもしれません。

しかし、ドッグフードに関しては、日本は世界から遅れをとっていると言って間違いないのです。

ここを勘違いしてしまっているため悪評が出回っている現状を確認してみましょう。

ナチュラルドッグフードの安全性に関する悪評の口コミ


ナチュラルドッグフードは国産では無いので不安です。やっぱり日本のフードで無いと賞味期限も短いし、安心できません。


やっぱり無添加のフードは国産で無いと心配です。なにより産地が分からないフードなんて心配で愛犬に与えられません。


代表的な安全に関する悪評の口コミはこんな感じでした。
しかし、これら発現をしているユーザーは良く調べていないだけと、誤った与え方をしてしまっているだけでは無いかと思います。

ナチュラルドッグフードは世界的に見ても安全性の高いフード

ナチュラルドッグフードは冒頭でも触れた「動物愛護の先進国イギリス」で作らています。

ここが全く日本人の先入観から考え方を変えなくてはなりません。

不安の残る中国製や東南アジアなどの製造とことなり、ナチュラルドッグフードは日本より遥か以前からペットを家族の一員として生活する歴史ある国「イギリス」のフードです。

そのためイギリスなどペット愛護の先進国は、食に関する安全基準もほぼ人間並みに厳しくなっています。

カナガンまた、ナチュラルドッグフードの工場は製造過程を常にモニターして厳格な管理を行っているのです。

そのくらい品質には最新の注意を払って作られているため、規模しい基準もクリアーしているのです。

対して日本のペットフードに関する基準は特に設けられておらず、安全性は家畜の餌レベルで、死んだ家畜など到底人間の食べ物として認められない原材料を使う事も法律で禁止されていないのです。

Dead:死んだ動物の肉
DISEASED:病気だった動物の肉
DYING:死にかけだった動物の肉
DISABLED:障害の合った動物の肉

こんなとても食べられないものを使っていたりします。

この話を聞くと慌ててナチュラルドッグフードへ切り替える飼い主さんもいるとか。

つまりドッグフードに関して、動物愛護の先進国「イギリス」のドッグフードは日本の緩い規制の中で作られているフードより明らかに安心してご使用いただけると思って、間違いなさそうです。

ナチュラルドッグフードの品質について

ナチュラルドッグフードの製造工場は、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした安全性の高い施設です。

パッケージまで完了したドッグフードの袋には1つ1つに製造番号が付与されて、生産日や原材料のロットまで追えるが可能となっています。

ナチュラルドッグフードの食いつきに関する口コミはこちら